モグワンとPELTHIA(ペルシア)どっちがおすすめ?7つの違いで比較!

ドッグフード比較

モグワンとPELTHIA(ペルシア)はネットで人気なプレミアムドッグフード。どちらがウチのワンちゃんにいいのかな?と悩んでしまう方もいると思います。

今回は、ドッグフードを購入する際に基本となる「料金値段」「食いつき(口コミ)」「安全性」「原材料」「栄養素・成分」「対応犬種・年齢」「会社信頼度」の7項目から、モグワンとPELTHIA(ペルシア)の違いを徹底比較していきます。両商品の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

大切な家族であるワンちゃんのために、モグワンとPELTHIA(ペルシア)の違いをしっかり知ってから検討されてくださいね。

モグワンとPELTHIA(ペルシア)はどっちがおすすめ?7つの違いで比較!

比較項目 モグワン PELTHIA(ペルシア)
料金値段 4.5 2.5
食いつき
5.0 3.0
安全性
5.0 4.0
原材料
5.0 5.0
栄養素・成分
5.0 4.0
対応犬種・年齢 5.0 4.0
会社信頼度 5.0 5.0
総合点数(35点満点)
34.5点 27.5点

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の違いを上記7つの項目で比較したところ、モグワンの方が優勢という結果になりました。

正直なところどちらも優れたドッグフードですので心配はいりませんが、もし迷うようだったらモグワンを選んでおけば問題ありません!

\【数量限定】今なら初回半額!/

モグワンとPELTHIA(ペルシア)を料金値段で比較!

比較項目 モグワン PELTHIA(ペルシア)
1袋価格 税込4,708円
当サイト特別価格・初回半額!
税込2,990円
内容量 1.8kg 850kg
1gあたり値段 2.62円 3.52円
1日あたり値段 225円 363円

※5kgのワンちゃん、メーカー推奨量で算出

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の料金値段で比較したところ、コスパが良いのはモグワンドッグフードでした。

1日あたり約138円の差がありますね。1ヶ月で約4,140円、1年で49,680円違いますので、PELTHIA(ペルシア)の方がやや高めの設定です。

コスパという点で考えれば、モグワンを選んだ方がお財布には圧倒的に優しいです。しかし、値段だけでは比較できないメリットも多いので、しっかりその他項目も見てどちらがいいか判断しましょう。

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の食いつきを口コミ評判で比較!

比較項目 モグワン PELTHIA(ペルシア)
アマゾン 5.0(多数) 0.0(ナシ)
Twitter 5.0(多い) 1.0(少ない)
Instagram 5.0(多い) 1.0(少ない)
総合判定(15点満点)
15点 1点

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の食いつきについて、アマゾンの口コミやSNS(Twitter・Instagram)の評判を調査して比較しました。

モグワンはアマゾン、Twitter、Instagramすべてにおいて食いつきが良いという口コミは多かったのですが、PELTHIA(ペルシア)の口コミはかなり少ない状況でした。アマゾンではPELTHIA(ペルシア)の扱いが無かったためレビュー投稿自体がありませんでした。

食いつきの口コミ評判はモグワンの方が多く、合う合わないはあるものの「食いつきが良かった」という意見が圧倒的に多かったため、食いつきはモグワン優勢としました。

 

SNSでの実際の口コミを紹介

モグワンを朝からよく食べるチワワちゃん!

 

モグワンをバクバク食べるダックスフンドちゃん

 

定期便でPELTHIA(ペルシア)をあげているコーギーちゃん、食いつきがとてもいい!

 

国産無添加で安心、シニア犬のトイプードルちゃんもPELTHIA(ペルシア)を喜んで食べてます!

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の口コミでは、食いつきの他に、健康面や容姿(毛並み、皮膚、涙やけ)に関する好印象な口コミも多く見られました。もちろん合わないワンちゃんもいるようでしたが、70%以上はモグワン・PELTHIA(ペルシア)に満足しているという結果でした。

\【数量限定】今なら初回半額!/

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の安全性を比較

比較項目 モグワン PELTHIA(ペルシア)
食材の品質
ヒューマングレード ※1
(放し飼いチキン生肉、生サーモン)
ヒューマングレード
穀物の使用
無し(グレインフリー) 有り(グルテンフリー)
香料・着色料 なし なし

※1:ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉・魚を使用。
   乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用。

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の安全性はまったく同じ、どちらもとても安全という結果でした。

ヒューマングレードの食品工場から仕入れた食材ということで、大切なワンちゃんにあげるにも安心です

穀物の使用については両者で考え方が違いました。ワンちゃんは消化しづらいと言われている穀物を使用せず、別の食物繊維を含む食材でカバーしているのモグワン。穀物にも必要な栄養素があり含めるのが自然だというのがPELTHIA(ペルシア)。

モグワンとPELTHIA(ペルシア)どちらも、ワンちゃんの安全をしっかり考えられているのでどちらでも問題ないといえますが、グレインフリーにこだわりたいならモグワンです。

 

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の原材料を比較

比較項目 モグワン PELTHIA(ペルシア)
原材料名 チキン&サーモン56.5%(放し飼いチキン生肉 21%、生サーモン 12%、乾燥チキン 12%、乾燥サーモン 7.5%、チキングレイビー 2%、サーモンオイル 2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン( MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類 A、 D3、E)、乳酸菌

※コンドロイチンはサメ由来のものではありません

生肉(牛、鶏、馬、魚肉、豚レバー)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか)、魚粉、いも類(サツマイモ、ジャガイモ)、煎りゴマ、ひまわり油、乳清タンパク、クコの実、海藻粉末、卵殻カルシウム、脱脂粉乳、フラクトオリゴ糖、乳酸菌群

※「オールミックス」の原材料

特徴 ・良質なチキンとサーモン
・サーモンオイル、海藻、ココナッツオイル使用
・グルコサミン、コンドロイチン、MSM使用
・種類豊富な生肉
・オリゴ糖、乳酸菌使用
・クコの実使用
効果 ・良質な動物性タンパク質が健康的な生活を維持、サポート
・オメガ3脂肪酸や中鎖脂肪酸が、健やかな身体環境の維持と、美しいコンディションを保つ
・関節サポート成分配合で関節トラブル対策
・高タンパクなので健康的な生活を維持、サポート
・オリゴ糖や乳酸菌、食物繊維が健やかな身体環境を維持

※ワンちゃんによって効果は異なります

モグワン・PELTHIA(ペルシア)ともに良質な原材料を使って安全で健康的だということが分かりましたが、モグワンの方が効果が高い内容でした。

モグワンは総合的にバランスがよく、特にサーモンやココナッツオイルを使っていることが大きな特徴です。身体環境の健康を維持、毛並みや皮膚のコンディションを保つ効果が期待できます。また、関節サポート成分がMSMまで含まれているのは珍しく、関節トラブル対策も万全です。

PELTHIA(ペルシア)は複数のお肉を使っていることで、多種の動物性タンパク質が摂れることと、アレルギーへ配慮されています。薬膳という考えでクコの実を使っているのは大きな特徴です。

モグワン・PELTHIA(ペルシア)どちらも素晴らしい原材料を使用しており、特に悪いところはありませんでした。

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の栄養素・成分を比較

比較項目 モグワン PELTHIA(ペルシア)
タンパク質 27%以上 28%以上
脂質 10%以上 10%以上
粗繊維 4.75%以下 4%以下
灰分 9.5%以下 7%以下
水分 9%以下 10%以下
NFE 38.5%
オメガ3脂肪酸 1%
オメガ6脂肪酸 1.8%
リン 1%
カルシウム 1.4%
エネルギー
(100gあたり)
361.5kcal 360kcal

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の栄養素・成分はどちらもワンちゃんが健康に過ごすには十分ですが、モグワンの方が多くの情報が公開されているためやや優勢でした。

ただ、両商品とも栄養バランスは抜群で、ワンちゃんの健康維持・サポートには十分なので、どちらを選んでも正解だといえます。

 

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の対応犬種・年齢を比較!

比較項目 モグワン PELTHIA(ペルシア)
対応犬種 全犬種 全犬種
対応年齢 全年齢 生後6ヶ月~

モグワン、PELTHIA(ペルシア)ともに全犬種対応。年齢に関してはPELTHIA(ペルシア)が生後6ヶ月からということで、子犬の小さい時期には使用できません。

 

モグワンとPELTHIA(ペルシア)の会社信頼度・原産国で比較!

比較項目 モグワン PELTHIA(ペルシア)
 
販売会社 株式会社レティシアン 株式会社Arrow of Times
原産国 イギリス 日本
生産工場 欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリア 農林水産消費安全技術センター(FAMIC)認定の国内工場

モグワンとPELTHIA(ペルシア)を扱っている会社を比較したところ、販売会社はどちらも10年以上事業を継続しているので問題ないといえます。

モグワンは世界39ヶ国以上にペットフードを輸出している生産工場で作られており、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリア。PELTHIA(ペルシア)はFAMIC認定の国内工場で製造。ということで、どちらも品質の高いドッグフードです。

ちなみにイギリスは「ペット先進国」と言われていて、ペットに関する法律も厳しく取り締まれられていて国をあげてペットを大切にしています。そんなイギリスで作られたプレミアムドッグフードのモグワンは安心だと言えます。

 

結論:モグワンとPELTHIA(ペルシア)なら「モグワン」が最もおすすめ!

モグワンとPELTHIA(ペルシア)を7つの項目で比較したところ、モグワンがおすすめという結果でした。

モグワンが34.5点、PELTHIA(ペルシア)が27.5点と、モグワンの方が高得点でした!コスパもよく、総合的に栄養バランスがしっかり摂れるモグワンの方が優秀です。

とはいえ、PELTHIA(ペルシア)が悪いドッグフードだという訳ではなく、PELTHIA(ペルシア)も優秀なドッグフードなので、薬膳という考えに興味があれば本記事・サイトを良く読んでご検討いただけたらと思います。ただ、迷ったらモグワンを選んでおけばOKです!

\【数量限定】今なら初回半額!/

モグワンがおすすめな方はこんな人!

  • 長い目でワンちゃんに健康でいてもらいたい
  • 食いつきのいいドッグフードを探している
  • 安心、安全で信頼できるドッグフードがいい
  • 高品質でコスパのいいドッグフードがいい
  • 毛並みや皮膚、涙やけの状態が気になるワンちゃん
  • 運動量や代謝の低下により食事管理をしたいワンちゃん
  • 関節トラブルが心配なワンちゃん
  • 犬の負担になりがちな穀物を使用していない(グレインフリー)フードがいい
  • 人工添加物を避けたいワンちゃん
  • チキンアレルギーの心配が無いワンちゃん

\【数量限定】今なら初回半額!/

PELTHIA(ペルシア)がおすすめな方はこんな人!

  • 薬膳の考え方に興味がある
  • 国産のプレミアムドッグフードがいい
  • 安心、安全で信頼できるドッグフードがいい
  • お腹、便の調子が気になる
  • 犬の負担になりがちな小麦を使用していない(グルテンフリー)フードがいい
  • お肉アレルギーの心配が無いワンちゃん
  • 人工添加物を避けたいワンちゃん
  • 多少お金がかかっても納得いくドッグフードを選びたい
  • 味や種類が選べるドッグフードがいい
タイトルとURLをコピーしました